a要素

概要

a要素はアンカー(リンクの始点と終点)を表すインライン要素です。

要素の内容

普通のテキストとインライン要素を直接含むことができます(ブロックレベル要素を子要素にすることはできません)。ただし、a要素の中にa要素を記述することはできません。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
href URI リンク先のリソースのURI(URL)を指定できます。
hreflang LanguageCode リンク先のリソースの自然言語を指定できます。
charset Charset リンク先のリソースの文字コードを指定できます。
type ContentType リンク先のリソースのMIMEタイプを指定できます。
rel LinkTypes リンク元から見たリンク先との関係を指定できます。
rev LinkTypes リンク先から見たリンク元との関係を指定できます。
name CDATA(XHTMLではNMTOKEN XHTML1.1では使用できません。リンクの終点になる場合の識別名を指定できます。この識別名は同一文書中の他のname/id属性値と重複できません。
shape rect | circle | poly | default イメージマップを利用する場合にクリックできる範囲の形を指定できます。イメージマップについてはmap要素area要素の項を参照してください。
coords coordinates(CDATA イメージマップを利用する場合にクリックできる範囲の位置と大きさを指定します。イメージマップについてはmap要素area要素の項を参照してください。
accesskey Character アクセスキー(ショートカットキー)を指定できます。
tabindex Number Tabの移動順位を指定できます。
target FrameTarget Transitional/Framesetのみ。リンク先の文書を読み込むフレームを指定できます。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup, onfocus, onblur

説明

a要素はアンカー(Anchor、錨)を表すインライン要素です。リンクとは2つのリソースを結びつけることで、アンカーはリンクの始点と終点です。

リンクの始点

href属性にリンク先のURI(URL)を指定すると、そのアンカー(a要素)はリンクの始点になります。

<!-- href属性の使用例 -->
<p>HTMLの規格は<a href="http://www.w3.org/">W3C</a>によって
策定されています。</p>

title属性、charset属性、hreflang属性、type属性などを用いてリンク先に関する情報を明示できます。

<!-- title属性、hreflang属性の使用例 -->
<p>HTMLの規格は<a href="http://www.w3.org/" title="W3Cのサイト" 
hreflang="en">W3C</a>によって策定されています。</p>

リンクの終点

文書中の特定の場所にリンクするときは識別子としてid属性を用います。URLのファイル名の末尾に"#id属性値"を付けることで、そのid属性値を持つ要素にリンクできます。

<!-- id属性を持つ要素へのリンク -->
<h2 id="s2-3">2.3 HTML</h2>
<!-- 中略 -->
<p>「<a href="#s2-3">2.3 HTML</a>」の項を参照してください。</p>
<!-- 同一文書内であれば、ファイル名を省略できる(相対パス) -->

id属性を用いるのは比較的新しい方法で、以前はa要素にname属性を付けてリンクの終点にしていました。古いブラウザに配慮する場合はこの方法を用います。

<!-- name属性の使用例 -->
<h2><a name="s2-3">2.3 HTML</a></h2>
<!-- 中略 -->
<p>「<a href="#s2-3">2.3 HTML</a>」の項を参照してください。</p>

a要素にname属性とid属性の両方を指定することも認められています。この場合、両方の属性値は同じ値にする必要があります。

id属性を用いる方法と異なり、name属性を使う方法はa要素しかリンクの終点にできません。また、XHTML1.1ではa要素のname属性が廃止されています。

関連要素