applet要素(非推奨)

概要

applet要素は、Javaアプレットを扱うための要素です。HTML 4で非推奨とされ、代わりにobject要素を用いることが推奨されています。

HTML 4.01 Transitional/FramesetまたはXHTML 1.0 Transitional/Framesetでのみ利用できます。

要素の内容

param要素とブロックレベル要素、インライン要素、普通のテキストを含むことができます。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
codebase URI アップレットの基本URIを指定できます。この属性が指定されていない場合、現在の文書の基本URIがアプレットの基本URIになります。セキュリティ上の理由から、この属性の値は、現在の文書が含まれているディレクトリのサブディレクトリまでが有効です。
archive CDATA JavaのアーカイブファイルのURIを指定できます。コンマで区切って複数のURIを指定することもできます。この値はcodebase属性で指定された基本URIに基づいて解釈されます。
code CDATA アップレットのクラスファイル名またはクラスファイルのパスを指定できます。この値はcodebase属性で指定された基本URIに基づいて解釈されます。code属性かobject属性のどちらか片方を必ず指定する必要があります。
object CDATA アプレットの直列化(シリアライズ)されたオブジェクトの名前を指定します。この値はcodebase属性で指定された基本URIに基づいて解釈されます。code属性かobject属性のどちらか片方を必ず指定する必要があります。
alt Text アップレットを表示できない場合に用いられるテキスト(代替テキスト)を指定できます。
name CDATA アップレットを識別するための名前を指定することができます。
width Length 必須属性。アップレットの幅を指定します。必ず指定する必要があります。
height Length 必須属性。アップレットの高さを指定します。必ず指定する必要があります。
align top | middle | bottom | left | right 非推奨属性。周りのテキストに対するアップレットの位置を指定できます。
hspace Pixels 非推奨属性。画像の左右の空白の長さを指定できます。
vspace Pixels 非推奨属性。画像の上下の空白の長さを指定できます。

汎用属性

id, class, title, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

説明

applet要素は、Javaアプレットを扱うための要素です。HTML 4で非推奨とされ、代わりにobject要素を用いることが推奨されています。

applet要素内にparam要素を配置することで、アプレットにパラメータを渡すことができます。また、applet要素の内容は、アプレットをサポートしないブラウザへの代替情報になります。

関連要素