area要素

概要

area要素は、クライアントサイドイメージマップにおいてクリックできる領域を定義するための要素です。

要素の内容

area要素は空要素です。HTMLの場合は終了タグを省略して<area ...>と記述し、XHTMLの場合は<area .../>とします。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
shape rect | circle | poly | default クリックできる領域の形を指定できます。デフォルトの値はrectです。詳細は後述。
coords coordinates(CDATA クリックできる領域の位置と形状を指定できます。詳細は後述。
href URI リンク先のURI(URL)を指定できます。
nohref (nohref) リンク先が無い場合に指定します。HTMLの場合は単にnohrefと書き、XHTMLの場合はnohref="nohref"とします。
alt Text 必須属性。画像が表示されないか、イメージマップをサポートしていない場合にイメージマップの代わりとなるテキストを指定します。必ず指定する必要があります。
accesskey Character アクセスキー(ショートカットキー)を指定できます。
tabindex Number Tabの移動順位を指定できます。
target FrameTarget Transitional/Framesetのみ。リンク先の文書を読み込むフレームを指定できます。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup, onfocus, onblur

説明

area要素は、クライアントサイドイメージマップにおいてクリックできる領域を定義するための要素です。クリックできる領域の数だけarea要素を記述し、map要素でグループ化します。クリックできる領域の形状、位置、大きさはshape属性coords属性で指定します。

shape属性

クリックできる領域の形状はshape属性で指定します。shape属性には次の4つの値を指定することができます。

default
オブジェクト全体。
rect
長方形。
circle
円形。
poly
多角形。

coords属性

クリックできる領域の位置や大きさはcoords属性で指定します。coords属性に記述する値はshape属性値によって異なります。

rect
左端のx座標、上端のy座標、右端のx座標、下端のy座標の順に指定します。
circle
中心のx座標、中心のy座標、半径の順に指定します。
poly
頂点1のx座標、y座標、頂点2のx座標、y座標...のように各頂点のx座標とy座標を指定します。

座標はオブジェクトの左上を原点とし、Lengthを","(コンマ)で区切って指定します。

関連要素