blockquote要素

概要

blockquote要素は引用を表すブロックレベル要素です。

要素の内容

ブロックレベル要素だけを子要素にすることができます。ただし、Transitional/Framesetでは普通のテキストとインライン要素も含むことができます。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
cite URI 引用元のURIを指定できます。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup

説明

blockquote要素は引用を表すブロックレベル要素です。引用の部分がブロックレベル要素であるときに用います。インラインで引用する場合はq要素を用います。

引用元に関する情報

引用元の情報はcite属性とtitle属性で明示することができます。cite属性には引用元のURIを指定し、title属性には引用元に関する補足情報(例えばその文書のタイトルなど)を指定します。

<!-- 例 -->
<blockquote cite="http://members.jcom.home.ne.jp/pctips/www/Element/blockquote.html">
  <p>その中身が引用された段落である事を示す要素です。
  段落等を全て適切にマークアップしたあと、
  まとめてblockquote要素として括ります。</p>
</blockquote>

cite要素

blockquote要素の出典を明記するのにcite要素を用いることがあります。人間は文脈を理解することができますから、blockquote要素の近くに"<cite>広辞苑</cite>より"と書かれていれば、広辞苑から引用したのだとわかります。しかし、HTMLの仕様ではblockquote要素の近くにcite要素があっても、両者の間に関連性があるとは規定されていません。blockquote要素の出典を明示するのは飽くまでcite属性ということになります。人間向けにcite要素を用いて出典を記述するのは構いませんが、同時にcite属性も指定した方が良いでしょう。

ブラウザのデフォルトスタイル

一般的なブラウザでは、blockquote要素はインデント(字下げ)されて表示されます。しかし、blockquote要素は飽くまで引用を表す要素です。インデントさせることを目的にblockquote要素を用いるのは誤りです。

関連要素