colgroup要素

概要

colgroup要素は、表の列をグループ化するための要素です。

要素の内容

col要素を必要な数だけ含むことができます(無くても良い)。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
span Number この要素の対象となる列の数を1以上の整数で指定できます。デフォルトの値は1です。
width MultiLength この要素の対象となる列の幅を指定できます。この属性にはMultiLengthの他に"0*"を指定することができます。"0*"を指定すると、内容を表示できる最小の幅で表示されます。
align left | center | right | justify | char この要素の対象となる列のセル内のデータの配置やテキストの揃え方を指定できます。詳細についてはHTML 4.01の仕様書を参照してください。
char Character 文字で揃える場合に、基準となる文字を指定できます。詳細についてはHTML 4.01の仕様書を参照してください。
charoff Length 文字で揃える場合に、基準となる文字までのオフセットを指定できます。詳細についてはHTML 4.01の仕様書を参照してください。
valign top | middle | bottom | baseline この要素の対象となる列のセル内のデータの垂直方向の配置を指定できます。詳細についてはHTML 4.01の仕様書を参照してください。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup

説明

colgroup要素は、表の列をグループ化するための要素です。colgroup要素1つが列グループ1つに対応します(列グループの数だけcolgroup要素を記述します)。列グループに属する列の数はcolgroup要素のspan属性値か、colgroup要素内のcol要素で定義します。

<!-- span属性を用いた例 -->
<table>
  <colgroup class="group1"></colgroup>
  <colgroup span="3" class="group2"></colgroup>
  <tr><th>ファイル名</th><th>サイズ</th><th>作成日時</th><th>更新日時</th></tr>
  <tr><td>a.html</td><td>7.28KB</td><td>2004年12月28日</td><td>2005年2月12日</td></tr>
  <tr><td>b.html</td><td>6.72KB</td><td>2004年9月27日</td><td>2004年9月30日</td></tr>
</table>

col要素を用いると列グループ内の一部の列にid属性などを割り当てることができます。

<!-- col要素を用いた例 -->
<table>
  <colgroup class="group1"></colgroup>
  <colgroup class="group2">
    <col span="2" />
    <col id="special-group" />
  </colgroup>
  <tr><th>ファイル名</th><th>サイズ</th><th>作成日時</th><th>更新日時</th></tr>
  <tr><td>a.html</td><td>7.28KB</td><td>2004年12月28日</td><td>2005年2月12日</td></tr>
  <tr><td>b.html</td><td>6.72KB</td><td>2004年9月27日</td><td>2004年9月30日</td></tr>
</table>

colgroup要素がcol要素を含んでいる場合、そのcolgroup要素のspan属性は無視されます。

関連要素