HTML/XHTMLの汎用属性

概要

HTML/XHTMLには、ほとんどすべての要素に共通して定義されている属性があります。ここではそのような属性について説明します。

core属性

属性名 属性値 説明
id ID その要素に識別名を付けることができます。識別名は一意的である必要があり、同じ識別名を同一文書中の複数の要素に割り当てることはできません。
class CDATA その要素にクラス名(分類名)を割り当てることができます。id属性値とは異なり、同じクラス名を複数の要素に付けることができます。また、空白文字で区切って、複数のクラス名を記述することもできます。
style StyleSheet その要素に適用するスタイルシートを記述することができます。この属性を指定するときは、meta要素でデフォルトのスタイルシート言語を明示します。XHTML1.1では非推奨とされました。
title Text その要素に対する補足的な情報を記述できます。
xmlns URI XHTMLにおいて名前空間を明示するために用います。値は"http://www.w3.org/1999/xhtml"に固定されています(XHTML1.1の場合)。

i18n属性

属性名 属性値 説明
lang LanguageCode その要素の内容と属性値の言語(自然言語)を指定できます。例えば、日本語の場合"ja"、英語の場合"en"を指定します。また、"en-US"(アメリカ英語)のように指定することもできます。XHTML1.1では使用できません。
xml:lang LanguageCode XHTMLではlang属性の代わりにXMLの予約属性であるxml:lang属性を用います。ただし、XHTML1.0ではHTMLの互換性を配慮して、lang属性とxml:lang属性の両方を指定することができます。HTMLでは使用できません。
dir ltr | rtl その要素の内容と属性値のテキスト(Unicodeによって固有の方向性を持たないテキストに限る)の方向を指定できます。左から右の場合は"ltr"(left to right)、右から左の場合は"rtl"(right to left)を指定します(大文字と小文字は区別されません)。

イベント属性

イベント属性を指定すると、ある特定の条件を満たしたときに属性値として記述されたスクリプトが実行されます。イベント属性にはほとんどすべての要素で指定できるものと特定の要素だけに指定できるものがあります。

イベント属性を指定するときはmeta要素でデフォルトのスクリプト言語を明示します。

ほとんどの要素で指定できるイベント属性

属性名 属性値 説明
onclick Script その要素がクリックされたときにスクリプトが実行されます。
ondblclick Script その要素がダブルクリックされたときにスクリプトが実行されます。
onmousedown Script その要素の上でマウス(ポインティングデバイス)のボタンが押し下げられたときにスクリプトが実行されます。
onmouseup Script マウス(ポインティングデバイス)の押し下げられたボタンがその要素の上で放されたときにスクリプトが実行されます。
onmouseover Script その要素の上にマウス(ポインティングデバイス)のポインタが移動してきたときにスクリプトが実行されます。
onmousemove Script その要素の上をマウス(ポインティングデバイス)のポインタが移動するときにスクリプトが実行されます。
onmouseout Script その要素の上をマウス(ポインティングデバイス)のポインタが離れるときにスクリプトが実行されます。
onkeypress Script その要素の上でキーが押されて放されたときにスクリプトが実行されます。
onkeydown Script その要素の上でキーが押し下げられたときにスクリプトが実行されます。
onkeyup Script 押されたキーがその要素の上で放されるときにスクリプトが実行されます。

特定の要素だけに指定できるイベント属性

属性名 属性値 説明
onload Script HTML/XHTML文書の読み込みが終了したときにスクリプトが実行されます。body要素frameset要素で指定できます。
onunload Script HTML/XHTML文書を閉じたときにスクリプトが実行されます。body要素frameset要素で指定できます。
onfocus Script その要素がフォーカスを受けたときにスクリプトが実行されます。a要素area要素label要素input要素select要素textarea要素button要素で指定できます。
onblur Script その要素がフォーカスを失ったときにスクリプトが実行されます。a要素area要素label要素input要素select要素textarea要素button要素で指定できます。
onsubmit Script フォームが送信されるときにスクリプトが実行されます。form要素で指定できます。
onreset Script フォームがリセットされるときにスクリプトが実行されます。form要素で指定できます。
onselect Script テキストフィールド中のテキストが選択されたときにスクリプトが実行されます。input要素textarea要素で指定できます。
onchange Script フォームのコントロールがフォーカスを失ったときにフォーカスを得る前と比べて値が変化していた場合にスクリプトが実行されます。input要素select要素textarea要素で指定できます