dl要素

概要

dl要素は定義リストを表すブロックレベル要素です。

要素の内容

dt要素dd要素を任意の順番で必要な数だけ子要素として含むことができます(HTML4.01のDTDではins要素del要素も子要素にできます)。ただし、一つ以上の要素を含む必要があります。

属性

固有属性

非推奨とされている属性はHTML4.01 Transitional/Frameset、XHTML1.0 Transitional/Framesetのみで利用できます。

属性名 属性値 説明
compact (compact) 非推奨属性。リストをなるべく狭い面積で表示させたい場合に指定します。どのように表示するかはブラウザに依存します。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup

説明

dl要素は定義リストを表すブロックレベル要素です。定義リストは用語(dt要素)と記述(dd要素)で構成されます。

<!-- 例 -->
<dl>
  <dt>HTML</dt>
  <dd>SGMLの応用言語。</dd>
  <dt>XHTML</dt>
  <dd>XMLの応用言語。</dd>
</dl>

定義リストについて、HTML4.01の仕様書(邦訳)には次のように書かれています。

定義リストは他の形式のリストとは少しだけ異なり、リスト項目が、用語と記述という2つの部分から構成される。用語はDT要素で示され、行内内容に制限される。記述は、ブロックレベル内容を取るDD要素で示される。

(中略)

DL要素の応用として、例えば対話のマーク付けがある。 DT要素が話者を示し、DD要素が話の内容を示す、というものである。

このように、定義リストは用語(term)と記述(description)の2つの部分から成る構造を持ったリストであれば、用語の定義以外にも用いることができます。

関連要素