frame要素

概要

frame要素はframeset要素によって分割されたフレームに読み込まれるファイルを指定するための要素です。HTML 4.01 FramesetとXHTML 1.0 Framesetでのみ使用することができます。

要素の内容

frame要素は空要素です。HTMLでは終了タグを省略して<frame ...>と記述し、XHTMLでは<frame ... />とします。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
longdesc URI フレームの内容に関する詳細情報のURIを指定できます。
name CDATA(XHTMLではNMTOKEN フレームに名前を付けることができます。この名前はa要素のtarget属性などで利用されます。
src URI フレームに読み込むファイルのURIを指定できます。
frameborder 1 | 0 フレームの境界線を表示するかどうかを指定できます。"1"を指定すると、そのフレームと隣接するフレームとの間に境界線が引かれます。"0"を指定すると、そのフレームと隣接するフレームとの間に境界線は引かれません(ただし、隣接するフレームが境界線を引くように設定されている場合は、境界線が引かれます)。デフォルトの値は"1"です。
marginwidth Pixels フレームの内容の左右の余白を指定できます。
marginheight Pixels フレームの内容の上下の余白を指定できます。
noresize (noresize) フレームの大きさを変更できないようにする場合に指定します。HTMLの場合は単にnoresizeと記述し、XHTMLの場合はnoresize="noresize"とします。
scrolling yes | no | auto フレームをスクロール可能にするかどうかを指定できます。"yes"を指定すると常にスクロールバーが表示され、"no"ならばスクロールバーは表示されなくなります。"auto"を指定すると、必要に応じてスクロールバーが表示されるようになります。デフォルトの値は"auto"です。

汎用属性

id, class, title, style

説明

frame要素はframeset要素によって分割されたフレームに読み込まれるファイルを指定するための要素です。src属性で読み込むファイルのURIを指定します。

ウインドウの分割についてはframeset要素の項を参照してください。

関連要素