h1-6要素

概要

hn要素(nは1から6までの数字)は見出しを表すブロックレベル要素です。

要素の内容

普通のテキストとインライン要素を含むことができます。ブロックレベル要素を子要素にすることはできません。

属性

固有属性

非推奨とされている属性はHTML4.01 Transitional/Frameset、XHTML1.0 Transitional/Framesetのみで利用できます。

属性名 属性値 説明
align left | center | right | justify 非推奨属性。テキストの配置を指定します。値は、"left": 左揃え、"center": 中央揃え、"right": 右揃え、"justify": 左右揃えです。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup

説明

hn要素(nは1から6までの数字で見出しのレベルを表す)は見出しを表すブロックレベル要素です。h1が最も上位の見出しでh6が最も下位の見出しです。

<!-- 見出しレベルの例 -->
<body>

<h1>大見出し</h1>
<p>本文</p>

  <h2>1. 見出し</h2>
  <p>本文</p>

  <h2>2. 見出し</h2>
  <p>本文</p>

    <h3>2-1. 小見出し</h3>
    <p>本文</p>

    <h3>2-2. 小見出し</h3>
    <p>本文</p>

  <h2>3. 見出し</h2>
  <p>本文</p>

</body>

見出しレベルの順番と表示

W3Cの仕様では、見出しレベルの順番について特に規定はありません。ですから、h1要素が無いのにh2要素が存在したり、h2要素の一つ下位の見出しがh4要素であったりしても、仕様上の問題はありません。しかし、通常の文書であれば、そのような構成にはならないはずです。

一般的なブラウザでは、h1要素が最も大きく表示され、h6要素が小さく表示されます。しかし、文字サイズを調整する目的でh1-6要素を使用するのは間違いです。文字の大きさはスタイルシートで調整します。