head要素

概要

HTML/XHTML文書のヘッダを表す要素です。

要素の内容

HTML4.01 Strict, XHTML1.0 Strict, XHTML1.1

HTML4.01 Transitional/Frameset

HTML4.01 Strictのものに加えて、isindex要素を1つまで(0でも良い)子要素として含むことができます。

XHTML1.0 Transitional/Frameset

XHTML1.0 Strictのものに加えて、isindex要素を必要な数だけ含むことができます。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
profile URI メタデータプロファイルのURIを指定できます。

汎用属性

id(XHTMLのみ), langxml:lang), dir, xmlns(XHTML1.1のみ)

説明

head要素はHTML文書のヘッダを表す要素です。html要素の子要素としてbody要素(Framesetの場合はframeset要素)よりも前に一つだけ記述する必要があります。

title要素

head要素は必ずtitle要素を一つだけ子要素として含む必要があります。タイトルは文書が必ず持っている情報ということになります。

タグの省略

head要素とbody要素の境界にscript要素やobject要素が無ければ、タグを記述しなくてもhead要素の範囲を判別することができます。そのため、HTMLではhead要素の開始タグと終了タグを省略することができます(XHTMLでは省略できません)。ただし、普通は省略しません。

profile属性

head要素内のmeta要素のname属性値やlink要素のrel/rev属性値の意味を定義するメタデータプロファイルの場所をURIで指定します。ただし、User Agent(ブラウザ)は必ずしもprofile属性値で指定されたメタデータプロファイルを読み込む必要は無く、メタデータプロファイルのフォーマットも特に決められていません。

複数のURIを空白で区切って指定することもできます。ただし、有効となるのは最初のURIだけです。

関連要素