iframe要素

概要

iframe要素は、インラインフレームを表すインライン要素です。HTML 4.01 Transitional/FramesetとXHTML 1.0 Transitional/Framesetのみで利用できます。

要素の内容

インライン要素とブロックレベル要素の両方と普通のテキストを含むことができます。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
longdesc URI フレームの内容に関する詳細情報のURIを指定できます。
name CDATA(XHTMLではNMTOKEN フレームに名前を付けることができます。この名前はa要素のtarget属性などで利用されます。
src URI フレームに読み込むファイルのURIを指定できます。
frameborder 1 | 0 フレームの境界線を表示するかどうかを指定できます。"1"を指定すると、そのフレームと隣接するフレームとの間に境界線が引かれます。"0"を指定すると、そのフレームと隣接するフレームとの間に境界線は引かれません(ただし、隣接するフレームが境界線を引くように設定されている場合は、境界線が引かれます)。デフォルトの値は"1"です。
marginwidth Pixels フレームの内容の左右の余白を指定できます。
marginheight Pixels フレームの内容の上下の余白を指定できます。
scrolling yes | no | auto フレームをスクロール可能にするかどうかを指定できます。"yes"を指定すると常にスクロールバーが表示され、"no"ならばスクロールバーは表示されなくなります。"auto"を指定すると、必要に応じてスクロールバーが表示されるようになります。デフォルトの値は"auto"です。
align top | middle | bottom | left | right 周囲のテキストに対するフレームの位置を指定できます。
height Length フレームの高さを指定できます。
width Length フレームの幅を指定できます。

汎用属性

id, class, title, style

説明

iframe要素は、文書内に別の文書を読み込むための要素です(インラインフレーム)。読み込む文書のURIはsrc属性で指定します。また、要素の内容はインラインフレームに対応していないブラウザ向けの情報になります。

<!-- iframe要素の例 -->
<iframe src="a.html" width="200" height="150">
  <!-- ここにインラインフレームに対応していないブラウザ向けの情報を記述 -->
</iframe>

iframe要素の代わりにobject要素を用いることもできます。ただし、object要素は比較的新しい要素なので、古いブラウザが対応していない可能性があります。

iframe要素は、HTML 4.01 Transitional/FramesetとXHTML 1.0 Transitional/Framesetのみで利用できます。

関連要素