label要素

概要

label要素はフォームのコントロール(フォームの部品)にラベルを付けるためのインライン要素です。

要素の内容

インライン要素と普通のテキストを含むことができます(ブロックレベル要素を子要素にすることはできません)。ただし、label要素を含むことはできません。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
for IDREF ラベルを関連付けるコントロールのid属性値を指定できます。この属性が指定されていない場合は、要素の内容として記述されているコントロールに関連付けられます。
accesskey Character アクセスキー(ショートカットキー)を指定できます。
tabindex Number Tabの移動順位を指定できます。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup, onfocus, onblur

説明

label要素はフォームのコントロールにラベルを付けるためのインライン要素です。label要素に対応したブラウザであれば、ラベルをクリックするだけでラジオボタンやチェックボックスにチェックを入れることができたり、テキストフィールドにフォーカスを移したりすることができます。

コントロールに対してラベルを関連付ける方法は、for属性を指定する方法と、指定しない方法の2通りがあります。

for属性を用いない方法

for属性を用いない場合は、label要素の内容として記述されているコントロールにラベルが関連付けられます。

<!-- 例 -->
<p><label>名前 <input type="text" size="20" name="name" value="" /></label></p>

この例の場合、「名前」というラベルがinput要素に関連付けられます。

for属性を用いる方法

for属性を用いる場合、関連付けたいコントロールのid属性をfor属性に指定します。

<!-- 例 -->
<dl>
  <dt><label for="name">名前</label></dt>
  <dd><input type="text" size="name" name="name" value="" id="name" /></dd>
</dl>

関連要素