meta要素

概要

meta要素はメタデータを記述するための要素です。

要素の内容

meta要素は空要素です。内容を持ちません。

HTMLの場合は終了タグを省略して<meta>、XHTMLの場合は<meta />と記述します。

属性

固有属性

属性名 属性値 説明
http-equiv NMTOKEN サーバがHTTPレスポンスヘッダを送る際に参考となるメタデータの場合は、name属性の代わりにこの属性でプロパティ名を指定します。
name NMTOKEN プロパティ名を指定できます。
content CDATA 必須属性。プロパティの値を指定します。
scheme CDATA プロパティの値を解釈するのに用いるスキームを指定できます。

汎用属性

id(XHTMLのみ), langxml:lang), dir, xmlns(XHTML1.1のみ)

説明

meta要素はメタデータ(データについての情報を記述したデータ)を記述するための要素です。head要素の子要素として記述し、一つのmeta要素が一つのプロパティ(設定項目)を表現します。http-equiv属性またはname属性にプロパティ名を指定し、content属性にプロパティの値を指定します。

通常のプロパティはname属性でプロパティ名を指定しますが、HTTPレスポンスヘッダに用いられるものの場合はhttp-equiv属性でプロパティ名を指定します。

文字コードの明示

次のようなmeta要素を記述することで文字コード(文字符号化方法)を明示し、いわゆる文字化けを防ぐことができます。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shitf_JIS" />

シフトJISの場合はcharset=Shitf_JIS、EUC-JPの場合はcharset=EUC-JP、JISコードの場合はcharset=ISO-2022-JPと記述します。

デフォルトのスタイルシート言語とスクリプト言語

スタイルシートを利用する場合は、meta要素でデフォルトのスタイルシート言語をMIMEタイプで明示します(CSSの場合は"text/css"を指定します)。

<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />

スクリプトを利用する場合は、meta要素でデフォルトのスクリプト言語をMIMEタイプで明示します(JavaScriptの場合は"text/javascript"を指定します)。

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />

制作者・著作権の明示

制作者を明示する場合は"author"を用います。

<meta name="author" content="Rf" />

著作現情報には"copyright"を用います。

<meta name="copyright" content="© 2004-2005 Rf" />

HTMLを生成したソフトウェアは"generator"で示します。HTMLオーサリングツールによって挿入されることがあります。

<meta name="generator" content="Editor" />

検索エンジン向けの記述

検索エンジン向けに文書の要約(description)やキーワード(keywords)を明記することができます(ただし、すべての検索エンジンが利用するわけではありません)。

<meta name="description" content="HTML及びXHTMLのリファレンスの目次です。" />
<meta name="keywords" content="HTML, XHTML, リファレンス" />

また、その文書を検索対象から外したい場合は次のようなmeta要素を記述します(すべての検索エンジンが対応しているわけではありません)。

<meta name="robots" content="NOINDEX, NOFOLLOW" />

キャッシュの制御

本来ならばHTTPレスポンスヘッダで指定すべきものですが、ブラウザによってはmeta要素でも有効です。

<!-- 有効期限 -->
<meta http-equiv="Expires" content="Wed, 12 Oct 2005 GMT" />
<!-- キャッシュしないようにする(HTTP/1.0) -->
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache" />
<!-- キャッシュしないようにする(HTTP/1.1) -->
<meta http-equiv="Cache-control" content="no-cache" />

その他

すべてのブラウザで有効というわけではありません。ご注意を。

<!-- 指定した秒数後に再読込(例えば10秒後) -->
<meta http-equiv="Refresh" content="10" />
<!-- 指定した秒数後に別ページに移動 -->
<meta http-equiv="Refresh" content="10; url=http://refluxflow.net/" />

関連要素