ol要素

概要

ol要素は序列リストを表すブロックレベル要素です。

要素の内容

li要素を1つ以上含む必要があります。他の要素を子要素として直接含むことはできません(HTML4.01のDTDではins要素del要素を子要素にできるようになっていますが)。

属性

固有属性

ol要素の固有属性はすべて非推奨とされています。HTML4.01 Transitional/Frameset、XHTML1.0 Transitional/Framesetのみで利用できます。

属性名 属性値 説明
type 1 | a | A | i | I 非推奨属性。リストの項目の前に付く番号の形式を指定することができます。"1"を指定するとアラビア数字(1, 2, 3, …)、"a"を指定するとアルファベットの小文字(a, b, c, …)、"A"を指定するとアルファベットの大文字(A, B, C, …)、"i"を指定するとローマ数字の小文字(ⅰ, ⅱ, ⅲ, …)、"I"を指定するとローマ数字の大文字(Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ, …)になります。
compact (compact) 非推奨属性。リストをなるべく狭い面積で表示させたい場合に指定します。どのように表示するかはブラウザに依存します。
start Number 非推奨属性。リストの開始番号を整数で指定します。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup

説明

ol要素は序列リストを表すブロックレベル要素です。リストの項目の順番に意味がない(並び替えても問題が無い)場合はul要素を用います。

リストの項目をそれぞれli要素とし、リスト全体をol要素とします。

<!-- 例 -->
<ol>
  <li>項目1</li>
  <li>項目2</li>
  <li>項目3</li>
</ol>

関連要素