ul要素

概要

ul要素は順不同リストを表すブロックレベル要素です。

要素の内容

li要素を1つ以上含む必要があります。他の要素を子要素として直接含むことはできません(HTML4.01のDTDではins要素del要素を子要素にできるようになっていますが)。

属性

固有属性

非推奨とされている属性はHTML4.01 Transitional/Frameset、XHTML1.0 Transitional/Framesetのみで利用できます。

属性名 属性値 説明
type disc | square | circle 非推奨属性。リストの項目の前に付くマーカーの形を指定できます。"disc"は塗りつぶした円、"square"は四角い枠、"circle"は丸い枠です。
compact (compact) 非推奨属性リストをなるべく狭い面積で表示させたい場合に指定します。どのように表示するかはブラウザに依存します。

汎用属性

id, class, title, langxml:lang), dir, style, xmlns(XHTML1.1のみ)

onclick, ondblclick, onmousedown, onmouseup, onmouseover, onmousemove, onmouseout, onkeypress, onkeydown, onkeyup

説明

ul要素は順不同リストを表すブロックレベル要素です。リストの項目の順番に意味がある場合はol要素を用います。

リストの項目をそれぞれli要素とし、リスト全体をul要素とします。

<!-- 例 -->
<ul>
  <li>項目1</li>
  <li>項目2</li>
  <li>項目3</li>
</ul>

関連要素